シボヘールで痩せた口コミ体験レビューと効果

シボヘールの効果を改めて確認していく

シボヘールの効果を深堀して確認していくことで、シボヘールの効果をマックスに引き出せるのではと考えました。

 

シボヘールの効果は3つ

 

  1. 脂肪の合成を抑制
  2. 脂肪の分解をサポート
  3. 脂肪の燃焼をサポート

ひとつづず見ていきます。

 

シボヘールの効果 1 脂肪の合成を抑制

シボヘールの効果の一つ目として、脂肪の合成を抑制する働きがあります。

 

この働きこそ、シボヘールの効果のメインとなるところです。

 

肝臓では中性脂肪が合成されますが、葛の花由来イソフラボンという成分がこの中性脂肪脂肪の合成を抑制します。

 

シボヘールを飲み始めると、脂肪自体が作られなくなります。

 

脂肪が今以上に増えないということですね。

 

ここで重要なのが、食事制限です!

 

せっかくシボヘールが脂肪の合成を抑制したとしても、食事の量、バランスが悪いと無駄になってしまいます。

 

脂肪の合成を抑制する働きにも限度があります。

 

片っ端から抑制できるわけではないので、食事制限は必要です。

 

食事制限をしていても痩せなかった方には、シボヘールの脂肪抑制の効果で太りずらくなります。

 

シボヘールの効果 2 脂肪分解をサポート

シボヘールの二つ目の効果として、今ある脂肪を分解をサポートする効果があります。

 

この脂肪の燃焼も、葛の花由来イソフラボンという成分が脂肪を分解する働きをサポートします。

 

体にたまってしまった脂肪。燃焼されずにたまっていくばかりです。

 

脂肪は燃焼すればなくなります。

 

脂肪を燃焼させるためには、一度脂肪酸へ分解する必要があるのです。

 

イメージとしては、脂肪を燃焼するチカラに対して脂肪のカタマリが大きくても痩せない。

 

脂肪のカタマリを分解して小さくすると、同じ脂肪を燃焼するチカラでも燃やすことができる。

 

細かく分解された脂肪酸は燃焼しやすくなるので、運動しても痩せなくなってきた方には

 

シボヘールを飲み始めると痩せる!と実感できる方が多いのです。

 

シボヘールの効果 3 脂肪の燃焼をサポート

シボヘールの効果の3つ目は脂肪の燃焼を助ける効果です。

 

脂肪は分解されて脂肪酸となります。

 

脂肪酸は褐色脂肪細胞によって燃焼されます。

 

葛の花由来イソフラボンはこの脂肪を燃焼してくれる、褐色脂肪細胞の働きを助けてくれます。

 

シボヘールの3つの効果についてのまとめ

シボヘールの3つの効果について深堀してみましたが、痩せそうですか?

 

脂肪をできずらい体にする
今ある脂肪を燃焼しやすい体にする。

 

いくらシボヘールにこういった効果があっても、好き放題食べたり、運動もしなければ
効果を実感できずに終わってしまいます。

 

40歳代になるとどうしても代謝が落ちてくるので、食事制限と軽度な運動はするべきです。
そのうえで、シボヘールを一緒に服用することで痩せることができるなら健康的に痩せることができるので
理想的なダイエットといえます。

 

加齢によっていろいろと病気などにもかかります。
病気によっては軽い運動しかできない方もいらっしゃいます。
私は走ることもできなくなりました。

 

運動できる方はいいですが、病気、けがによって運動が思うようにできない方には
シボヘールは強い味方となってくれます。

 

バランスの取れた食事
軽くてもいいので運動
そして、シボヘール

 

と3つセットで継続すると、健康的に痩せることができます。

 

諦めずに、がんばりましょう!

 

 

トップページへ戻る

page top