シボヘールで痩せた口コミ体験レビューと効果

シボヘールカロピタが新登場!シボヘールと併用でたくさん食べてもOK?

シボヘール 新たなラインナップ
シボヘールカロピタが新登場しました。
シボヘールカロピタは、シボヘールと併用することで
脂肪がつきずらいシボヘールの効果を高めるkとができます。

 

シボヘールに新たな仲間がラインナップされたのは2種類!

  1. シボヘール カロピタ
  2. シボヘール 黒カロチャ

どちらかをシボヘールと併用することで、
やっぱりおいしいものをもっと食べたい!を我慢しなくてもいいのです!

 

シボヘール カロピタ

シボヘール カロピタ

シボヘール カロピタは食事の15分前に1回3錠を飲むサプリ。

 

シボヘールは軽い運動と食事制限をすることで
なかなか落ちなくなった脂肪燃焼を助けてくれます。
健康なカラダ作りができていいのですが・・・

  • スイーツに
  • ラーメンに
  • 焼き肉・・・

おいしいものはもっと、もっと食べたい!
と思う時だってありますよね。

 

毎日の運動と食事制限は大切ですが、食事を我慢しすぎて
ストレスを溜めこむのもいけません。

 

そういう時は、我慢しないで食べましょう!
食事の15分前にシボヘール カロピタを飲んでおけば
たくさん食べても、消化分解を助けてくれます。

 

シボヘール カロピタ広告

シボヘール カロピタには【生酵素】が配合されています!
酵素は食べ物の消化、分解を助けてくれます。

 

酵素ドリンクもありますが、『今でしょ!』の林修先生がテレビで解説していました。
酵素ドリンクは、殺菌のための熱処理が必要。
その熱で酵素は死んでしまうのだとか。

 

酵素は生で摂取できるサプリじゃないと効果は実感できません。
生酵素が配合されているシボヘール カロピタ!
シボヘール カロピタとシボヘールの併用でストレスフリーでダイエットを楽しんでください!

 

シボヘール 黒カロ茶

シボヘール 黒カロチャ

 

シボヘール カロピタもシボヘールもサプリです。
併用で効果が高くなるとわかっていても、錠剤がニガテな方には
シボヘール 黒カロ茶がオススメです!

 

シボヘール 黒カロ茶はプーアル茶がベース。
プーアル茶がニガテな方でも大丈夫なように、カビ臭さを減らしています。

 

飲みやすくしたうえで、ダイエットジの栄養補給として

  • ギムネマ&サラシア
  • プーアル茶&ウーロン茶&グルコマンナン
  • 白インゲン豆抽出物

を配合しています。

 

それぞれの成分の特徴を解説していきます。

 

ギムネマ

ギムネマという言葉には『糖をこわす』という意味があり、
インドでは糖尿病に効く治療薬として使われてきている成分。
血糖値、インスリンの上昇を抑える効能が認められています。

 

血糖値も必要以上に下がらないので、低血糖状態の心配もありません。

 

サラシア

インド、スリランカから東南アジアにかけて分布する植物。
古くから糖尿、肥満の治療にもちいられてきました。
血糖値上昇抑制効果が確認されています。
炭水化物、糖類の吸収をブロックする効能があります。

 

プーアル茶

中国雲南省が原産地の中国茶。黒茶に分類。
茶葉を発酵させて作られます。
脂肪燃焼、脂肪吸収を抑える働きがあります。
腸内環境の改善効果があり、デトックス効果があります。
その他、免疫力が上がったり、冷えの解消効果があります。

 

ウーロン茶

中国茶で青茶に分類。
ポリフェノールが含まれており、脂肪の吸収を抑え、脂肪分解を促進する働きがあります。
体温をあたためる作用があるため、冷え性対策にも有効です。

 

グルコマンナン

こんにゃく芋に含まれる成分。
消化酵素では消化できず、胃の中で水を吸って何十倍にも膨れるためダイエット食品に使われています。
便秘解消、血糖値、血中コレステロールの低下の効果があります。

 

白インゲン豆抽出物

ご飯、パン、麺類などの炭水化物から摂取した糖質の吸収を抑制し、そのまま排出する効果があります。

 

これら成分の特徴から
食事前、食事と一緒にシボヘール黒カロ茶を飲むことで
食べた物が吸収されずらく、分解、排出されやすくなることがわかります。

 

これなら、たくさん食べても大丈夫なようですが・・・
食べ過ぎはよくないですね!

 

シボヘール 黒カロ茶紹介

 

 

トップページへ

page top